top of page

なんだか具合が悪い私

なんだか具合が悪い私

長野県の北の方で育った私は、信州の自然がいかに豊かなのか気づいたのは、東京で大学に通う頃。四方に山並みがない東京の風景になんだか落ち着かず、私の居場所はここかな??とずっと心のどこかで思いながら、バイトとサークル活動という名の飲み会に明け暮れていました。もともと、お酒は強くなく、毎度「あーもう飲まなければよかった」とひどい頭痛にノックダウンされてました。このお酒もあってか、肝臓の数値が悪くなるのもこの頃からです。自覚症状がないにもかかわらず、なぜ肝臓の数値が悪いのが分かったかというと、、健康優良児の私はとーっても献血が好きだったからです(笑)当時いわゆるブラック企業に勤め、休日出勤当たりまえ、仕事をしながらの夕食は菓子パンをかじる、終電で家に帰るとバッタンキュウ。そんなこともあり、数年に一度献血できないくらい悪くなる。。を繰り返していました。そして娘を出産後、無理をしているためか、肝臓の数値が悪くなってもなかなか改善せず、医者からは「今のうちから一生薬を飲み続けないと、肝臓がんになるよ」とまで言われました。。。

この肝臓がどうやら無理をしているらしい。。という状態。自分の体調が悪くなる状態。どうやら、化学物質が関係していると思い始めたのは数年前から。トイレの芳香剤で頭痛が始まる。塩素消毒のにおいで一日寝たきり状態になる。合成甘味料の入ったジュースで吐き気と頭痛が始まる。石油ファンヒーターのにおいで、冬はずっと片頭痛が続く。これって、体に有害な物質が入った後、肝臓が解毒できないから体調不良になるのでは。。

と思い始めてました。


閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page